荒川水力電気株式会社

会社概要

 当社は、東北電力株式会社と日本軽金属株式会社の共同出資により、昭和35年4月に設立され、飯豊・朝日連峰を源とし新潟平野の北部を横断し日本海に注ぐ荒川本流に岩船発電所(昭和37年2月運転開始:最大出力11,500kW)を建設しました。
 その後、昭和42年8月の未曾有の規模の羽越水害の発生を契機に建設省(当時)は、荒川の支流である大石川に洪水調整用として大石ダムの建設を計画し、当社は、発電事業として参加することとなり、念願であった2つ目の発電所である大石発電所(昭和53年3月運転開始:最大出力10,900kW)を建設しました。
 岩船発電所と大石発電所で発電した電力は、東北電力株式会社および日本軽金属株式会社他に売電しております。

 地球温暖化の原因の一つになっている二酸化炭素の削減が地球規模での課題となっており、水力発電は二酸化炭素の排出量が極めて少ないクリーンエネルギーであるとともに、再生可能エネルギーとしても注目されています。
 当社は、安全確保を最優先に低廉なコストと安定供給の追求によって、より高い業務品質を実現する水力発電のプロフェッショナル集団を目指すとともに、再生可能な水力エネルギー発電事業を通じて地球環境の保全に努め、社会から信頼される企業活動を推進し、地域社会との共栄を目指しています。

住所

Mapを開く〈本  社〉
〒980-8550 仙台市青葉区本町一丁目7番1号
(連絡先)
〒980-0811 仙台市青葉区一番町三丁目7番1号(東北自然エネルギー株式会社内)
TEL:022-217-1245 FAX:022-217-1246

関連画像

※画像をクリックすると拡大します。