株式会社 工営エナジー

会社概要

 日本工営株式会社は、水力発電を中心とする再生可能エネルギー開発のさらなる展開を図るため、2015年1月15日に100%子会社「株式会社工営エナジー」を設立しました。

 日本工営グループはこれまで2013年5月の新曽木発電所(鹿児島県)、2013年9月の寺山ダム発電所(ダムESCO事業、栃木県)に続き、2015年にはダムESCO事業として塩原ダム発電所(栃木県)、四時ダム発電所(福島県)、更に砂防堰堤を活用した高井発電所(長野県)を10月に稼働させており、現在は北海道でも水力発電所の更新工事を進めています。(詳細は別紙参照)

 これら水力発電事業を運営するグループ会社は現在5社ありますが、(株)工営エナジーはこれら5社の株式を保有し、事業運営の効率化を進めています。

 これらの取り組みにより日本工営グループは、水力発電事業を中心とする再生可能エネルギーに係わる情報の集約化ならびに事業実施体制の強化を進め、グループ全体で2018年までに国内外において10MWを超える再生可能エネルギーによる電源開発を計画中であり、将来的にはエネルギーセグメントの確立を目指しております。

住所

Mapを開く〈本  社〉
〒〒 102-0083 東京都千代田区麹町2丁目5番地
TEL:03-5215-6926

関連画像

※画像をクリックすると拡大します。